一人暮らしと自己管理

一人暮らしをするために自己管理能力を身につけよう!

収入や家賃の相場や生活費の目安など、金銭管理方法や節約術などを学ぶ必要があります。
ポイントをご紹介しましょう。
 
  • 1番目は「自分を知ること」です。
自分の金銭管理能力を知りましょう。欲しいものを見たら衝動買いするタイプでしょうか?
それがいけないことは誰もが理解しているはず。計画的にお金を使うことは大切です。
自分の収入を意識して、その範囲で生活できるようにしましょう。浪費家は倹約家を目指してください。
 
  • 2番目は「一人暮らしにどういった費用が必要になるか」です。
初期費用としてすくなくとも20万円は必要です。
新しい部屋が見つかって契約が完了しても、必要な費用はそれで終わりではないです。
テーブル・ベッド・冷蔵庫・ベッド・テレビなど、今現在使っているものが持っていけないならば
新しく購入為なければなりません。
引越代も業者に依頼したら一人暮らしの場合でも3万円から10万円程度かかります。
 
  • 3番目は「一人暮らしに必要な日々の費用とは」です。
家賃は首都圏・近畿圏と地方都市では相場も違いますし、生活必需品の値段も違います
家賃以外に生活費はいろいろとあります。自分でピックアップしてみましょう。
家賃・食費・娯楽費・水道代・光熱費・通信費などが考えられるでしょう。
 
  • 4番目は「エリアによっての家賃の違い」です。
例えば一般的なワンルームで比較してみたら、首都圏ならば5万5千円から6万5千円です。
これが近畿圏ならば5万円から6万円。地方都市ならば4万円から5万円になります。
同じ広さ・間取りの部屋でも地域によって家賃相場に差があります。
人が集まりやすい地域になればなるほど家賃相場は上がります
 
  • 5番目は「シミュレーションする必要性」です。
社会人と学生では一人暮らしでも必要な費用は違います。
一定の収入の中で賄わなければならないことには違いはありません。
学生の場合は奨学金・アルバイト代・仕送りなどの収入とそれに見合う生活費があります。
具体的にシミュレーションするといいでしょう。
 
  • 6番目は「まずは家計簿をつけてみること」です。
最近はパソコンやiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンのアプリでも家計簿がつけられます。
自分にあった方法を見つけてくさい。
簡単にできますがアナログ派ならばノートにレシートを貼るような方法もあります。
このようにして計画的に使うような癖をつけることが大切です。
 
  • 7番目は「節約術」です。
小さなことをコツコツと積み重ねる……節約の基本中の基本です。
帰省するときにはブレーカーを落とすといいでしょう。節電につながります。
食費を浮かすにはデパ地下の食品売り場やスーパーマーケットを狙いましょう。
閉店30分前になると半額になることもあります。
外食よりも自炊するほうが節約できるのは言うまでもありません。
そのためには料理できるようになっておきましょう。


激安物件